住み替え・買い替えが理由で家を売る!失敗しない為には?

家を売る理由で少し説明していますが、売却理由は「住み替え・買い替え」「相続」「ローン支払い苦」「離婚」「転勤」などが挙げられ、その中でも「住み替え・買い替え」が一番多いと言われています。

私の知り合いで、子供が小さい時は、少しせまいマンションに住み、後で一戸建てを購入する事を考えていた夫婦が居ました。これがまた凄かったのですが、スカイツリーが出来る前にスカイツリーが見える場所に立つ新築マンションを購入して、スカイツリーが完成してから、購入価格より高く売却して、一戸建てを購入していました。すごく頭がいいですし、効率が良いですよね。ここまでの方は中々いませんが、ライフスタイルの変化に合わせて住み替えを検討するひとは多くいます。

住み替えで失敗しない為に注意すべき点

住み替えで注意しておく点がいくつかあります。住み替えする場合、売却を先行するのか、購入を先行するのかをまず検討する必要があります。売却先行と購入先行について先に少し説明しておきます。

売却先行で住み替え・買い替え

売却先行ですので、まず先に今現在住んでいる家の売却を開始します。売却後に住み換えする家を購入するので、お金の面でも購入資金が決まっていますので、あまり問題なく住み替えが可能になります。ただし、住んでいる家を売却する訳ですので、住み替え先の新居が決まるまで、賃貸するなど家賃が必要になってきます。すぐに目当ての新居が見つかれば良いのですが、見つからない場合、賃料を払い続けるので、期間によってはムダな賃料が発生するデメリットがあります。

購入先行での住み替え・買い替え

購入先行の場合、メリットとしては、現在住んでいる家があるため、急いで新居を探す必要がなく、自分の納得する不動産が見つかるまで探し続けれられるメリットがあります。せっかく住み替えするのに、納得できない不動産を購入しては意味がありませんよね。そういった意味では、時間がかかったとしても良いと思える不動産が見つかるまで探せる購入先行型は納得した住み替えができるかもしれません。

ただし、デメリットもあり、実際に購入を決めたとしても、現在の家を売却しないと購入ができない方がほとんどです。ローンが残っている中での住み替えですので、現在の家を売却してローンを全額返済しないといけません。売却の期限があるので、その期限内に売らないと、購入もできない事になります。

期限がせまってきているのに売れない場合を考えると、どうにか売却を急ごうと動きます。方法として、値下げして売るしかなくなってしまう為、低い価格での売却になる可能性があり、金額次第では、抵当権抹消もできずに結果売れない事にも繋がります。また、期限があることを買い手が知ってしまうと、値下げに応じるしかなくなるなど、価格交渉面で不利に働くデメリットがあります。

住み替え・買い替えの注意点

購入先行、売却先行、どちらにしてもメリット・デメリットがあります。住み替えをする際はあらかじめ、資金計画をきちんと立て動く必要があります。

同時進行で住み替えする方も多くいますが、どうしても新居となる住み替え先の物件探しに熱が入ってしまい、売却活動が疎かになるケースがあります。上述しましたが、どちらかが決まっても住み替えはできません。両方きちんと計画通りに動かす必要があるので、気持ちはわかりますが、後々の事を考えると、購入も売却も両方ともしっかりと考えて行動する必要があります。