成功!~相場より高く売却する秘訣は査定方法にあった!

戸建てにしてもマンションにしても、家の売却は人生の中でも一大イベント。よほどのことがない限り、そうそう何度も経験するという類のものではないはず。 言い換えればほとんどの場合、家を売るのは初めてという方のほうが多いといえます。

どのようにして売れば高く売れるのか?わからずに、手探りで家を売ろうとしてしまった結果、相場よりも安く売ってしまって失敗してしまう・・・これだけは避けたいところです。

家を売るなら少しでも相場より高く売りたい。だれもがそう考えます。相場より高く売却する秘訣とは、査定方法にあるのです。 結論からいえば、不動産一括査定サイトを上手に利用することがその秘訣です。

1社だけの査定依頼だとこういった可能性も

例えば、ネット上に掲載されている周辺の類似した販売物件情報をくまなく調べることは、結構大変な作業です。仮にこういった作業をしっかりと実践し、販売相場を把握したとしましょう。その上で大手不動産業者1社に査定を依頼した結果、自分で調べた販売相場よりも低い査定額を提示されました。

あなたが「自分で調べた販売相場よりも低いですね。」

と言ったなら、
不動産業者はきっとこう言うでしょう

「販売価格と売却価格は違うものなんですよ。実際の売却価格は価格交渉によって販売価格よりも低くなるのがあたりまえなんです。ですから最初から安めに販売価格を設定することで、より早く売却できますよ!!」

さて、この不動産業者の言葉、どう思いますか?
結構、「そうか、そういうものなんですね。」と納得してしまう方多いのではないでしょうか?

現実問題として、この不動産業者の言葉は全く正しい意見だといえます。より早く売るという目的に限っていえばですが・・・。

不動産業者からすれば、あなたの物件が1500万円で売れようが、1700万円で売れようがどっちでも良いのです。家を一件売ったとしても不動産業者では仲介手数料しか利益になりません。時間をかけて200万円ぐらい高く売るよりも早く売ってしまったほうが、商売として高効率なわけです。

複数社に査定してもらうことでより高い査定額を

「より高く売りたい」のであれば不動産一括査定が必須です。これはよく聞かれる話でネット上を検索するとどこでも同じような話が見つかりますが、現在の状況ではやはり一括査定は外せないといえます。

複数社に査定依頼することで、より高い査定を出してくれる不動産業者を簡単に探すことができるうえ、こういった一括査定サイトでは登録している業者の選定も厳しく行われているため、いわゆる「囲い込み」や「売り止め」などという行為を行う業者に当たる心配もほぼありません。

また、一度に複数社からの査定額を知ることができますから、相場を知るために時間をかけて調査を行う時間と手間を省けるといったメリットもあります。

媒介契約を獲得したいがために、相場よりも高い査定額を提示してくる業者もいるでしょう。しかしそれは悪いことではありません。とにかく高い金額で売りたいなら、まずはその業者に訪問査定をしてもらえば良いのです。実際の売り出し価格はしっかりと相談してから決定となるわけです。最初のスタート額が高い業者と納得がゆくまで話し合って売り出し価格を決定すればよいのです。

相場よりも高く売却するには、まず一括査定で高い査定額を提示する業者を選定する、ここからすべては始まるといっても過言ではないのです。

「高く売る」と「早く売る」には相反する要素が

そしてひとつ頭に入れておきたいのは、「高く売る」ことと「早く売る」ことは、売り方として相反する部分があることです。家に限らず相場よりも安い価格の商品は需要が高く、早く売れる可能性が高いことはご理解いただけるかと思います。また相場よりも高いのであれば、その反対であることは明白ですね。

いつまでに売却しなければならないどという事情がある場合には、そのスケジュールを考慮した上で、売り出し価格を決定しなければならないことを付け加えておきます。